FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日・昨日多忙につき!

10月1日
一昨日・昨日多忙につき!
 今日は、私の友人(石塚秀雄氏:協同総研主任研究員)が書いた機関誌の記事の一部転載を機関に断りもなしに転載します。とても感動しましたので!長い文章ですので関心がある方は連絡いただければお送りします。
 タイトル:差別社会の克服と社会的経済
7月に神奈川県の相模湖近くの障害者施設「津久井やまゆり園」で、19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた特異な大量殺人が起き、社会的衝撃を与えた。海外のメデイアは、障害者の抹殺を目的としたこの特異な事件をどのように受け止めたかの例をいくつか見てみよう。アメリカのニューヨークタイムス(2016/7/25)では、犯人が右翼系のツイッターに投稿していたこと、またオウム真理教の地下鉄サリン事件を想起している。また犯人が犯行後、英語でビューテフル・ジャパンとツイートしたことにも注目している。オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド(2016/8/2)では、犠牲者の名前が発表されないのは、日本においては、障害が恥ずかしいことと見なされているせいではないかと、書いている。フランスのル・モンド(2016/7/26)では、日本ではナイフによる犯罪がおいとして、秋葉原殺傷事件、大阪池田小学校殺傷事件などを例にだしている。韓国の朝鮮日報(2016/7/26)では、日本は難民受け入れをしないこと、障害者や高齢者に対する殺人事件が増えていることなどにも触れている。ドイルのベリヒトがドナー・アンツアイガー(2016/7/25)では、犯人が「日本のために」、「ビューティフル・ジャパン」のためにやったことに注目している。ちなみにドイツ語の見出しでは「殺人鬼(Amoklaufter)」という見出しがつけられている。アモクとはアフリカの言葉に由来し、攻撃的な発作的な精神錯乱により凶暴な殺人を犯すことを意味する。・・・・・・・・
 今日は麻雀教室、明日は会員の方の「つちぼとけ展」に行きます。木・金計39人、9月合計506人です。今日は、9人です。10月合計9人です。
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。